ご由緒・ご祭神

 

ご由緒


 江戸後期、備中浅口占見の赤沢文治(金光大神)は十五カ年の間に、家族五人、牛二頭を亡くし七墓築き。村人らはこれを金神七殺の祟りと噂し。さらに文治四十二歳の大厄の年には、自身ものどけの病にかかり、医者に「九死に一生」と告げられ。親類の者等が集い病気平癒のため加持祈祷を致し、このとき新屋治郎に石鎚の神が神憑りとなり。石鎚様は「文治は普請、家移りにつき豹尾金神に無礼致しており」と建築の際に方位を犯したとご指摘あり。文治はこれを丁寧にお詫び申し、その後、金神さまを悪神邪神と恐れずに神として拝み祀るようになり。おかげで病は全快いたし。さらには、日増しに神の威が増し、金神様より手や口に御宣託が下がり。その通りに致せばあらたかな霊験あり、しだいに村うちで噂広まり、百所から承認、藩士から殿様まで数多の人が遠路はるばる訪ね参り。文治は参り来る人の願いを金神様へと取り次ぎ、神の御宣託を話して聞かせ。目の見えぬ者が晴眼し、足が立たぬ者が立ち、しだいしだいに金神様の威力が増し。
 元治元年正月一日に、金神様より、「天地金乃神には日本に宮社なし 参り場所もなし 二間四面の宮を建ててくれ」とお下がりあり。金神の知らせ通り建築にとりかかるも、棟梁や村の人の心得悪く、金神の機感にかなわず、宮は建築の半ばお差し止めになり。時は流れ令和の年、金神信仰を先祖四代から継承する者により、世の人の立ち行きと金神のひれいを願い、日天四・月天四・鬼門金神を主祭神とし、人々の願い礼場所としてここに金神乃宮が開かれました。

御祭神


月天四

月天四がってんし

夜を照らし、女性の月経、潮の満ち引き、水を司る月の神。ご縁日は毎月二十四日。日天四とあわせ天之神。(両天惣身命りょうてんそうみのみこと

鬼門金乃神

鬼門金乃神きもんかねのかみ

金神と恐れられるが、 地をご神体とし御司どる地の守り神。御縁日は毎月の二十一日、二十二日。地乃神(神力明賀命しんりきみょうがのみこと

日天四

日天四にってんし

ご恩光により地を照らし、火の恵み、ご陽気を御司る日の神。ご縁日は毎月二十三日。月天四とあわせ天之神(両天惣身命りょうてんそうみのみこと

上記三神を天地金乃神てんちかねのかみと奉斎

御眷属


はっかん

不残金神のこらずこんじん

大将軍をはじめ太歳、大陰  、歳刑  、歳破 、歳殺  、黄幡、豹尾の八将神、その他のやおよろず金神神々。別名を土田命つちだのみこと

鬼門金乃神

金光大神こんこうだいじん

大将軍とあわせて金神第一のご眷属。天地金乃神と人間氏子を仲介する役。祭り日は毎月九日、十日。別名を人力威命じんりきおどしのみこと

御祭神


日天四

日天四にってんし

ご恩光により地を照らし、火の恵み、ご陽気を御司る日の神。ご縁日は毎月二十三日。月天四とあわせ天之神(両天惣身命りょうてんそうみのみこと

上記三神を天地金乃神てんちかねのかみと奉斎

月天四

月天四がってんし

夜を照らし、女性の月経、潮の満ち引き、水を司る月の神。ご縁日は毎月二十四日。日天四とあわせ天之神。(両天惣身命りょうてんそうみのみこと

鬼門金乃神

鬼門金乃神きもんかねのかみ

金神と恐れられるが、 地をご神体とし御司どる地の守り神。御縁日は毎月の二十一日、二十二日。地乃神(神力明賀命しんりきみょうがのみこと

御眷属


鬼門金乃神

金光大神こんこうだいじん

大将軍とあわせて金神第一のご眷属。天地金乃神と人間氏子を仲介する役。祭り日は毎月九日、十日。別名を人力威命じんりきおどしのみこと

はっかん

不残金神のこらずこんじん

大将軍をはじめ太歳、大陰  、歳刑  、歳破 、歳殺  、黄幡、豹尾の八将神、その他のやおよろず金神神々。別名を土田命つちだのみこと

御神徳


天地は途中からできた神でなし、流行ることなし、流行ることなければ終わりもなし。万物の元を辿れば全てが天地へ還るごとく、おかげの出所はすべて天と地にあり。故に子宝、安産、病気、豊穣、商売繁盛、縁結び、子孫繁栄、末繁昌をはじめ広大な神徳あり。

隣知らずの安産

 江戸時代後期、お産に関する奇習で難産死産が多し。妊婦の食べ物を制限する毒断ち、腹をきつく締めて胎児を小さく産む腹帯、産後三十三日のあいだ横になることを許されず、初乳を捨て産まれた子に薬草を煎じて飲ませる等、数多の奇習あり。これが障りになり難産死産まことに多し。また、産婦は血の道の病にかかり難儀いたし。この誤りを金神様ご指摘。「好きな物は薬」「腹帯はすな」「産後は横になりて休め」「産まれた子には初乳を飲ませよ」「神に願い心を改めよ」と知らせ。そのとおりに致した者、つわりなく産前身軽く、隣家も気づかぬ程の軽いお産。産後、平日の通り歩くもの多し。多くの若葉の命助け、産の憂いを取り払い。

日柄方位の解放

 当時、暦に日柄の吉凶が記され、引っ越し、建築、旅立ち、縁談縁組、種まき、一切の行いに日柄の良し悪しを見て不自由いたし。また、暦に金神、大将軍はじめ八将神の所在する方位を記し、大将軍がおるゆえ三年間造作はできぬと申し、金神が所在する方位に建築できぬと申し。方位の吉凶が金神様へご無礼、日柄の吉凶が日月の神様へのご無礼となり、人々も不自由し難儀いたし。これを金神様ご指摘。「日柄方位を見るに及ばず、人間の使い勝手がよいのが良き家相」「神に御地内をお貸しくだされと願えば守ってやる」と知らせ。日柄、方位、家相に迷える人々の心を明るく致し、暦に日柄の記載、方位の記載の廃止に導く後押しになり。

女性への励ましと穢れ

 むかし、女性の身分低く、月経になれば赤不浄といい、子供を産めば三十日は白不浄といい、女は穢れがあると申し。穢れある内は神を拝むこと禁じられ、かまどや井戸を使えず、小屋に移りて暮らす者もあり。また、女の腹は借りものといい、粗末に扱われ難儀する者多し。金神様、これを不憫に思いお知らせあり「女は神に近い」「女は世界の田地である」「腹は借り物というが、借り物ではない万代の宝」と知らせ、参りくる女性を励まし。また、「金神は穢れ不浄を嫌わぬ神」「地の神は昔から汚いものばかり被っておる」と知らせ、身の穢れよりも心の穢れを払えと知らせ、これによりおかげを受ける者あり。

真の神信心

 これまで神に願う者多けれど難信する者あり。幾日もかけて大祓を千度万度あげて願う者、寒中に水をかぶりて体を傷める者。俗世を離れて山に籠る者。食事を断って願う者もあり。体を傷め、時間を費やし、家業を粗末にして難儀いたし。金神様これについて「水や火の行はいらぬ。家業が行ぞ」「神は食わずの行は大嫌いである」と知らせあり、好物を食して体を丈夫にし、家業出精しておかげ受ける者あり。また、金神様「おかげはわが心にあり」と知らせ。家内和合を第一として日々の行いや心を改めるところに神のおかげはあると人々に伝え、迷い信心を取り払い、子孫繁昌、家繁昌のおかげを受ける者あり。