力を入れて願う

 


\ STEP.1 神に願う /力を入れて願う

願う力が強いほど願いは成就する

「思う念力岩をも通す」というように、
願う力が強ければ強いほど、願いは成就します。
例えれば太鼓をバチで強く叩けば大きな音が鳴るように、
神さまへ願うにも、願い主が力を入れて願えば、
その力に応じて神さまが大きく動かれるです。

なので、願い主が気弱になってはいけません。
「願って叶うだろうか…」「どうせ無理だろう…」
と弱々しい想いでは、成就しにくいです。
その気になって身も心も打ち込み、
「どうでも神のおかげを受けさせてもらいます」
という元気な心で願えば、神の守りが受けられます。

願う力の源はどこからくるのでしょうか。
それは、何かを得たいと強く想う気持ちや、
最悪の事態を避けたいと思う心からです。
それらの不安、心配、強い欲などを
原動力として神へと向かえば、
一心に神へと願うことができます。
そして、こちらの向かう力に応じて、
神さまの働きかけも大きくなるのです。

真剣に願われるほど頼まれる側も力がわく

願いごとが通るときは、
願う側の熱が神に届いたときです。

人に頼み事をするにも、頭を深々と下げて
「どうでもお願いします」といって、
誠意を出して願えばどうでしょう。
たとえそれが難しい頼みごとであったとしても、
頼まれる側は「どうにか力になってやりたい」
と思いますよね。

反対に、「この人は頼りになるか分からないけど、
頼まないよりマシだろうから一応は頼んでおこう」
と思っている人の願いは、どうでしょうか。
こちらも軽く受けて「暇があったらやっとこう」
とかるく受けとります。

頼まれる側の心は、頼む側の熱意によって、
つき動かされます。
たとえその頼み事が無理難題であろうが、
その人の熱烈な想いが伝われば、
頼まれる側も「できる限り力になりたい」
と思うのです。

神に頼むも人に頼むも同じで、
神さまも願い主の熱意のある心に動かれます。
こちらの願う姿勢が軽ければ神さまも軽くとられ、
重ければ神も重く受けとられるのです。

苦しみや欲を力にして神に願う

「苦しい時の神頼み」というように、
人は自力で解決できない問題に直面したとき、
神に一心を立てて願えるのです。

また、どうしても叶えて欲しい願いがあるとき。
例えば、好きな人との縁結びであったり、
大学受験の合格祈願や、妊婦の安産祈願なども、
おのずと力が入りやすいです。

そのような願いを原動力として神へ願えば、
向かった力に相応した恵みを受けられます。
鐘はうち割る心でつき、太鼓は叩きやぶるような気で叩く。
願う者の打ちようしだい、叩きようしだいで、
天地へと鳴り響くのであります。


\ STEP.1 神に願う /力を入れて願う

願う力が強いほど
願いは成就する

「思う念力岩をも通す」というように、願う力が強ければ強いほど、願いは成就します。

例えれば太鼓をバチで強く叩けば大きな音が鳴るように、神さまへ頼むにも願い主が力を入れれば、その力に応じて神さまが大きく動かれるです。

なので、願い主が気弱になってはいけません。「願って叶うだろうか…」「どうせ無理だろう…」と弱々しい想いでは、成就しにくいです。

その気になって身も心も打ち込み、「どうでも神のおかげを受けさせてもらいます」という元気な心で願えば、神の守りが受けられます。

願う力の源はどこからくるのでしょうか。それは、何かを得たいと強く想う気持ちや、最悪の事態を避けたいと思う心からです。

それらの不安、心配、強い欲などを原動力として神へと向かえば、一心に神へと願うことができます。そして、こちらの向かう力に応じて、神さまの働きかけも大きくなるのです。

真剣に願われるほど
頼まれる側も力がわく

願いごとが通るときは、願う側の熱が神に届いたときです。

人に頼み事をするにも、頭を深々と下げて「どうでもお願いします」といって、誠意を出して願えばどうでしょう。

たとえそれが難しい頼みごとであったとしても、頼まれる側は「どうにか力になってやりたい」と思いますよね。

反対に、「この人は頼りになるか分からないけど、頼まないよりマシだろうから一応は頼んでおこう」と思っている人の願いはどうでしょうか。

こちらも軽く受けて「暇があったらやっとこう」とかるく受けとります。

頼まれる側の心は、頼む側の熱意によって、つき動かされます。たとえその頼み事が無理難題であろうが、その人の熱烈な想いが伝われば、頼まれる側も「できる限り力になりたい」と思うのです。

神に頼むも人に頼むも同じで、神さまも願い主の熱意のある心に動かれます。こちらの願う姿勢が軽ければ神さまも軽くとられ、重ければ神も重く受けとられるのです。

苦しみや欲を
力にして神に願う

「苦しい時の神頼み」というように、人は自力で解決できない問題に直面したとき、神に一心を立てて願えるのです。

また、どうしても叶えて欲しい願いがあるとき。例えば、好きな人との縁結びであったり、大学受験の合格祈願や、妊婦の安産祈願なども、おのずと力が入りやすいです。

そのような願いを原動力として神へ願えば、向かった力に相応した恵みを受けられます。

鐘はうち割る心でつき、太鼓は叩きやぶるような気で叩く。願う者の打ちようしだい、叩きようしだいで、天地へと鳴り響くのであります。

SHARE