#7 子供を怒らず教えて育てる

 

#7子供を怒らず教えて育てる

\ ありがたや /
わが子は神の子

子どもは親の思い通りにならない生き物です。
「もう寝ようか」と電気を消しても、
じっとせずにパタパタ走り回ったり、
「もうそろそろ帰ろうか」と言えば、
「まだ遊ぶ」と泣き叫ぶ。

言うことを聞かない子供を、
手っ取り早く従わせるためには、
怒鳴ったり、脅したり、叩いたりすれば簡単です。
「言うこと聞かないなら、鬼さんが来るよ」
「もう知らない、置いて帰るね、ばいばい」
こういう方法は親は楽だけれど、
長い目で見るとよくありません。
子供の心にアザをつくり、
発育を阻害するからです。

子どもは、神のかわいい子。
それを怒鳴ったり、恐れさせたれば、
それがめぐりとなって、
後々の不幸の原因になります。
反対に、子供を神の氏子と心得て、
ていねいに教えて育てれば、
善悪の分別がつく、かしこき子に育ち、
のちの仕合せがよくなるのです。

\ やってみよう /
子供の目線で教える

子供が言うことを聞かないときに、
大声で怒鳴ったり、叩いたり
暗い所に入れようとしたり、
鬼が来るぞと脅さずに、
子どもの目線で教えてみよう。

言葉が分からない小さい子には、
目や表情で教える、
言葉を覚え始めた子には、
やさしい言葉で教える。
体が大きくなってくれば
会話をして教える。

なぜ、お店の中を走り回ってはいけないのか、
なぜ、人の物を盗るは悪いのか、
勉強は何のために役立つのか、
生きる上で何を目標とすればいいのか、
人は何のために働くのか、
お金とはそもそも何なのか、
社会に貢献するとはどういう意味をもつのか。

「どうせ言っても分からないだろう」と、
子供を軽くみずに、
言い方を工夫をしたり、理由を練り出したり、
子供と一緒になって考えたりすれば、
「立派な大人に育って欲しい」と、
親が抱く想いがきっと子供に伝わるはずです。

よいコト&わるいコト

ていねいに教えて育てれば


  • 良し悪しの分別がつく子に育つ
  • 他者に依存せずに自発的に考える子に育つ
  • まごころのある正直者に育つ
  • 生きるために必要な知恵や考え方を学ぶ
  • 親子の仲が良好になり会話ができる関係になる

感情的に怒ったり手を上げれば


  • 威圧的な態度に子どもが委縮する
  • 親の機嫌をつねに伺って行動するようになる
  • 自己肯定感が低く劣等感をもつ子に育つ
  • 他者を傷つけるなど攻撃的な人格になる
  • 子も親に似て、子供を怒鳴る人になる

#7子供を怒らず教えて育てる

\ ありがたや /
わが子は神の子

子どもは親の思い通りにならない生き物です。

「もう寝ようか」と電気を消しても、じっとせずにパタパタ走り回ったり、「もうそろそろ帰ろうか」と言えば、「まだ遊ぶ」と泣き叫ぶ。

言うことを聞かない子供を、手っ取り早く従わせるためには、怒鳴ったり、脅したり、叩いたりすれば簡単です。

「言うこと聞かないなら、鬼さんが来るよ」「もう知らない、置いて帰るね、ばいばい」

こういう方法は親は楽だけれど、長い目で見るとよくありません。子供の心にアザをつくり、発育を阻害するからです。

子どもは、神のかわいい子。それを怒鳴ったり、恐れさせたれば、それがめぐりとなって後々の不幸の原因になります。

反対に、子供を神の氏子と心得て、ていねいに教えて育てれば、善悪の分別がつく、かしこき子に育ち、のちの仕合せがよくなるのです。

\ やってみよう /
子供の目線で教える

子供が言うことを聞かないときに、大声で怒鳴ったり、叩いたり暗い所に入れようとしたり、鬼が来るぞと脅さずに子どもの目線で教えてみよう。

言葉が分からない小さい子には、目や表情で教える、言葉を覚え始めた子には、やさしい言葉で教える。体が大きくなってくれば会話をして教える。

なぜ、お店の中を走り回ってはいけないのか、なぜ、人の物を盗るは悪いのか、勉強は何のために役立つのか、生きる上で何を目標とすればいいのか。

人は何のために働くのか、お金とはそもそも何なのか、社会に貢献するとはどういう意味をもつのか。

「どうせ言っても分からないだろう」と子供をかるく見ずに言い方を工夫をしたり、理由を練り出したり、子供と一緒になって考えれば、「立派な大人に育って欲しい」と親が抱く想いがきっと子供に伝わるはずです。

よいコト&わるいコト

ていねいに教えて育てれば


  • 良し悪しの分別がつく子に育つ
  • 他者に依存せずに自発的に考える子に育つ
  • まごころのある正直者に育つ
  • 生きるために必要な知恵や考え方を学ぶ
  • 親子の仲が良好になり会話ができる関係になる

感情的に怒ったり手を上げれば


  • 威圧的な態度に子どもが委縮する
  • 親の機嫌をつねに伺って行動するようになる
  • 自己肯定感が低く劣等感をもつ子に育つ
  • 他者を傷つけるなど攻撃的な人格になる
  • 子も親に似て、子供を怒鳴る人になる
SHARE