不成就の原因を改める

 


\ STEP.2 心を磨く /不成就の原因を改める

心は神の恵みの受けもの

必死になって神さまにお願いをしても、
いつまでたっても成就しない願い事があります。
それは、例えればヒビが入った器に懸命に
水を注いでいる状況かもしれません。

器にたくさんの水をためようとしても、
その器に穴が空いていたり亀裂が入っていれば、
溜めたはずの水はそこから漏れてしまいます。
「水」は恵み、「器」は心。
神さまに「恵んでください」と願ってはいるけれど、
自分自身の心に不成就になる原因があり、
おかげを受けもらす場面が多々あります。

神さまにお願いするときは、
「自分の中に願いを不成就にしている原因はないか?」
と心を見合わせて改めましょう。
器のヒビや穴をふさげば水が貯まるように、
不成就の原因を改めれば願いが叶うかもしれません。

自身の器のヒビを探す

例えば「お金がない」「時間がない」と言いながら、
不要な物を買ったり時間を浪費する人がいます。
そのような時は愚痴や不足を慎んで、倹約を心がければ、
すぐにおかげが受けられます。

「天のことを三日言わずば長者になる」と言うように、
現状に不足を言わずに最善を尽くす者は、
今むずかしい環境にいても、末で繁昌します。
しかし、愚痴をこぼし改善する努力を怠る人は、
不満を言い続けたくなるような人生になります。

「愚痴」と「お金」は無関係のようですが、
見えないところで繋がっているのです。

堪忍を第一にすれば、家族の仲は円満に。
国の定める規則を守れば、交通安全のお守りを受け。
目先の欲を放して末の利をとれば、出世をし。
食物をありがたく頂けば、体は健康に。

自分の願いが成就するためには、
どのような心になるべきか?
どういう心になれば願いが成就するのか?
願いが成就しない原因は何かを、
よくよく考えねばなりません。

心のヒビを直して恵みを受ける

神さまにお願い事をするときは、
不成就の原因を探してとりのぞかねばなりません。
自身の心を改めずに願うのは、
ヒビが入った器に水をためようなもの。
この状態では、いくら願えども水はたまりません。
願いが成就するには神の恵みだけでなく、
恵みを受けとれるだけの器が必要なのです。

神に願って恵みがないのなら、心を改めてもう一度。
それでも叶わないのなら、またも磨いてもう一度…。
三度までは押して願うのが大切です。
そうしていくうちにやがて願いは成就し、
気づかぬうちに心もその他の願いも、
バランスよく調ってきます。

神さまに願うとは、片一方だけではいけません。
神と人がそろって良い結果が生みだされるのです。
神に頼んで、不成就の原因を改める、
この両方が大切なのです 。


\ STEP.2 心を磨く /不成就の原因を改める

心は神の恵みの受けもの

必死になって神さまにお願いをしても、いつまでたっても成就しない願い事があります。それは、例えればヒビが入った器に懸命に水を注いでいる状況かもしれません。

器にたくさんの水をためようとしても、その器に穴が空いていたり亀裂が入っていれば、溜めたはずの水はそこから漏れてしまいます。

「水」は恵み、「器」は心。

神さまに「恵んでください」と願ってはいるけれど、自分自身の心に不成就になる原因があり、おかげを受けもらす場面が多々あります。

神さまにお願いするときは「自分の中に願いを不成就にしている原因はないか?」と心を見合わせて改めましょう。

器のヒビや穴をふさげば水が貯まるように、不成就の原因を改めれば願いが叶うかもしれません。

自身の器のヒビを探す

例えば「お金がない」「時間がない」と言いながら、不要な物を買ったり時間を浪費する人がいます。そのような時は愚痴や不足を慎んで、倹約を心がければ、すぐにおかげが受けられます。

「天のことを三日言わずば長者になる」と言うように、現状に不足を言わずに最善を尽くす者は、今むずかしい環境にいても、末で繁昌します。

しかし、愚痴をこぼし改善する努力を怠る人は、不満を言い続けたくなるような人生になります。

「愚痴」と「お金」は無関係のようですが、見えないところで繋がっているのです。

堪忍を第一にすれば、家族の仲は円満に。国の定める規則を守れば、交通安全のお守りを受け。目先の欲を放して末の利をとれば、出世をし。食物をありがたく頂けば、体は健康に。

自分の願いが成就するためには、どのような心になるべきか?どういう心になれば願いが成就するのか?願いが成就しない原因は何かを、よくよく考えねばなりません。

心のヒビを直して恵みを受ける

神さまにお願い事をするときは、不成就の原因を探してとりのぞかねばなりません。

自身の心を改めずに願うのは、ヒビが入った器に水をためようなもの。この状態では、いくら願えども水はたまりません。願いが成就するには神の恵みだけでなく、恵みを受けとれるだけの器が必要なのです。

神に願って恵みがないのなら、心を改めてもう一度。それでも叶わないのなら、またも磨いてもう一度…。三度までは押して願うのが大切です。

そうしていくうちにやがて願いは成就し、気づかぬうちに心もその他の願いも、バランスよく調ってきます。

神さまに願うとは、片一方だけではいけません。神と人がそろって良い結果が生みだされるのです。神に頼んで、不成就の原因を改める、この両方が大切なのです 。

SHARE