#9 ごはんは腹八合

 

#9ごはんは腹八合

\ ありがたや /
食物は神さまのめぐみ

食物は天の神と地の神がつくるもの。
毎日かかすことなく、日の神さまがお照らし下さり、
月の神さまが雨を降らし、地の神さまの体に実るのです。
神の「おかげ」と人の骨折りでつくられる食べものって、
何のためにつくられるのでしょうか?
もちろん人のいのちのためであります。
食物は、人間が生きて働くために、
天と地と人の骨折りでつくり与えられるのです。

そんなありがたい食物ですが、
欲に任せてたくさん詰めこめば体がこわれます。
もうお腹がいっぱいなのに、
美味しそうだからもうちょっと。
これも美味しそうだからもう一杯。
食べすぎ飲みすぎは、体にオノをうつようなもの。
なので、ごはんを頂くときは腹八合を忘れないように、
自分のお腹の「これくらい」をよくわきまえることが大切です。

\ やってみよう /
ごはんを食べるときは、神にたずねる

ご飯をよそうときは目を閉じて、心にそっとたずねてみる。
「神さまご飯の量はこのくらいでよろしいですか?」
「よろしい」と心がこたえればよし。
「少し多い」とこたえれば、ちょっと減らしてみよう。
おかわりするときも、ひとことたずねてみる。
「神さまもう一杯いただいてよろしいでしょうか?」

人の心の中には、神がいます。
もう少し食べたいとき、もう少し飲みたいときに、
神さまへうかがえば、よい加減を知らせてくれます。
そのとおりに従ってごはんをありがたく頂けば、
それが腹八合。ちょうどよい加減なのです。
むかしから「腹八分目に医者いらず」というように、
自分の分限をよく守っていただけば、食はクスリとなります。
食べすぎは毒となり、身をつぶします。

よいコト&わるいコト

腹八合目を心がければ


  • 食べる量が適量になってダイエットになる
  • 食がくすりとなり健康的な体になれる
  • 胃腸に負担がかからないため食後の体が軽い
  • 無駄な食費がなくなるためお金の節約になる
  • 神とごはんの有り難さが身にしみる

腹一杯になるまで食べれば


  • 太るもしくは太りやすい体質になる
  • 癌や糖尿病などの病気になる
  • 胃腸に負担がかかり疲れやすくなる
  • 食べる量が多ければそのぶん食費が高くつく
  • 食物を粗末にするため神へのご無礼となる

#9ごはんは腹八合

\ ありがたや /
食物は神さまのめぐみ

食物は天の神と地の神がつくるもの。毎日かかすことなく、日の神さまがお照らし下さり、月の神さまが雨を降らし、地の神さまの体に実るのです。

神の「おかげ」と人の骨折りでつくられる食べものって、何のためにつくられるのでしょうか?

それは人のいのちのためであります。食物は、人間が生きて働くために、天と地と人の骨折りでつくり与えられるのです。

そんなありがたい食物ですが、欲に任せてたくさん詰めこめば体がこわれます。もうお腹がいっぱいなのに、美味しそうだからもうちょっと。これも美味しそうだからもう一杯。

食べすぎ飲みすぎは、体にオノをうつようなもの。なので、ごはんを頂くときは腹八合を忘れないように、自分のお腹の「これくらい」をよくわきまえることが大切です。

\ やってみよう /
ごはんを食べるときは、
神にたずねる

ご飯をよそうときは目を閉じて、心にそっとたずねてみる。「神さまご飯の量はこのくらいでよろしいですか?」

「よろしい」と心がこたえればよし。「少し多い」とこたえれば、ちょっと減らしてみよう。

おかわりするときも、ひとことたずねてみる。「神さまもう一杯いただいてよろしいでしょうか?」

人の心の中には、神がいます。もう少し食べたいとき、もう少し飲みたいときに、神さまへうかがえば、よい加減を知らせてくれます。

そのとおりに従ってごはんをありがたく頂けば、それが腹八合。ちょうどよい加減なのです。むかしから「腹八分目に医者いらず」というように、自分の分限をよく守っていただけば、食はクスリとなります。

食べすぎは毒となり、身をつぶします。

よいコト&わるいコト

腹八合目を心がければ


  • 食べる量が適量になってダイエットになる
  • 食がくすりとなり健康的な体になれる
  • 胃腸に負担がかからないため食後の体が軽い
  • 無駄な食費がなくなるためお金の節約になる
  • 神とごはんの有り難さが身にしみる

お腹いっぱい食べすぎると


  • 太るもしくは太りやすい体質になる
  • 癌や糖尿病などの病気になる
  • 胃腸に負担がかかり疲れやすくなる
  • 食べる量が多ければそのぶん食費が高くつく
  • 食物を粗末にするため神へのご無礼となる
SHARE