#12 日に参って日を拝む

 

#12日に参って日を拝む

\ ありがたや /
日の神さまへの孝行

そのむかし、日本では朝になると外へ出て、
日に向かって拍手を打ったといいます。
大地を照らし、五穀を育む、
日の神への敬いからでしょう。
日本の国旗が日の丸であるのも頷けます。
それが明治になって新たな思想が入り、
太陽は「機械」と言われ、
日を拝むことを忘れてしまいました。

それでも日の神は、変わらず地を照らし
私たちはその恩を受けて生きています。
手足や骨をつくる食物も、
昼に電灯が無くても目が見えるのも、
腹に体温があるのも、春に風が吹くのも、
みな日の神の恵みであります。
なので、その恩返しとして、
朝起きて日に向かって神を拝めば、
日の神への孝行となり、おかげが受けられます。

\ やってみよう /
朝起きたら日に向かって一礼をする

朝起きたら外へ出て日の神へ向かって、
「今日も一日お守りください」
と日の神さまを拝してみよう。
拝み方は人それぞれでいいのです。
四拍手をして一礼をしてもよいし、
目をつむって手をあわせてもよし、
周りの人の目が気になれば、
心の中で拝むとよいでしょう。
そして、一日の暮れにはもう一度、
日の神さまの元へと参り、
「今日も一日、ありがとうございました」
とお礼をしてみよう。

人は日の神さまと共にはたらき、
月の神さまが姿を現わせば、
体を休めれば楽です。
天地の神は会おうと思えば、
外へ出ればいつでも会える神さま。
敬いの心をもって拝めば、
日の神さまのお守りを受けられます。

よいコト&わるいコト

朝起きて日を拝めば


  • 朝日を浴びることで睡眠や生活のリズムがととのう
  • 朝昼は目が覚め夜に質のよい睡眠ができる
  • 日光を浴びることで心が元気になり、抑うつ効果も
  • 免疫が高まり、がん、糖尿病などの病気の予防
  • 日の神さまへの孝行になる

日の光を浴びなければ


  • 深い睡眠がとれず慢性的な睡眠障害
  • 免疫力がなくなり、生活習慣病のリスクが高まる
  • イライラや気分が落ち込みやすくなる
  • 体内時計が調節されず生活リズムが乱れる
  • 骨や筋肉が弱り体が衰弱する

#12日に参って日を拝む

\ ありがたや /
日の神さまへの孝行

そのむかし、日本では朝になると外へ出て、日に向かって拍手を打ったといいます。大地を照らし、五穀を育む、日の神への敬いからでしょう。日本の国旗が日の丸であるのも頷けます。

それが明治になって新たな思想が入り、太陽は「機械」と言われ、日を拝むことを忘れてしまいました。

それでも日の神は変わらず地を照らし、私たちはその恩を受けて生きています。

手足や骨をつくる食物も、昼に電灯が無くても目が見えるのも、腹に体温があるのも、春に風が吹くのも、みな日の神の恵みであります。

なので、その恩返しとして、朝起きて日に向かって神を拝めば、日の神への孝行となり、おかげが受けられます。

\ やってみよう /
朝起きたら日に向かって
一礼をする

朝起きたら外へ出て日の神へ向かって「今日も一日お守りください」と日の神さまを拝してみよう。

拝み方は人それぞれでいいのです。四拍手をして一礼をしてもよいし、目をつむって手をあわせてもよし、周りの人の目が気になれば、心の中で拝むとよいでしょう。

そして、一日の暮れにはもう一度、日の神さまの元へと参り「今日も一日、ありがとうございました」とお礼をしてみよう。

人は日の神さまと共にはたらき、月の神さまが姿を現わせば、体を休めれば楽です。

天地の神は会おうと思えば、外へ出ればいつでも会える神さま。

敬いの心をもって拝めば、日の神さまのお守りを受けられます。

よいコト&わるいコト

朝起きて日を拝めば


  • 朝日を浴びることで睡眠や生活のリズムがととのう
  • 朝昼は目が覚め夜に質のよい睡眠ができる
  • 日光を浴びることで心が元気になり、抑うつ効果も
  • 免疫が高まり、がん、糖尿病などの病気の予防
  • 日の神さまへの孝行になる

日の光を浴びなければ


  • 深い睡眠がとれず慢性的な睡眠障害
  • 免疫力がなくなり、生活習慣病のリスクが高まる
  • イライラや気分が落ち込みやすくなる
  • 体内時計が調節されず生活リズムが乱れる
  • 骨や筋肉が弱り体が衰弱する
SHARE