「神のある暮らしを」
金神乃宮(こんじんのみや)はweb上のお宮。
いつでもどこからでも、好きなときにお参りできます。
毎日の暮らしに、神さまを足してみませんか?
Scroll

金神乃宮について


こんじんの宮は、「神」と「人」とを結ぶところ。
神に願い、心を磨き、恵みを受け、お礼をする。
この一連の流れをくり返すことにより、
願いは少しづつ成就し、運命はより良き方へとすすみます。
不健康な人はより健康に、結婚を願う人には良縁を、働く人には出世を。
去年よりも今年、今年よりも来年を豊かにする。
神と共に一年勝りの繁昌する道を伝えます。

CONTENS


帳面と書道具

「神に願う」

人には言えない悩みごと、
叶えたい目標や願い事など、
神さまへと届けましょう。

詳しくはこちら 〉

お礼参り

神への感謝の想いが
次の恵みへとつながる。
3つのかたちで恩返し。

詳しくはこちら 〉

心の守り

「心の守り」

肌身に付けるお守りではなく、
心で守る「お守り」。
日々の心がけで心が豊かに。

詳しくはこちら 〉

神棚

「神を祀る」

神が身近にある暮らしを。
小難しいことは置いといて、
まずは拍手を打ってみましょう。

詳しくはこちら 〉

金神乃宮の想い


かつて神は日本人にとって身近な存在でした。
井戸には水神をまつり、炊事場にはかまど神をまつり、
朝起きたら日の神に向かって拍手を打ち、
日が暮れれば月の神を一礼して拝む。
神と人とが共にある暮らしがありました。

金神乃宮は、そんな神のある暮らしを現代に。
かた苦しいルールにしばられず、
自由にのびのびと神さまとのご縁を深め、
皆さまがより豊かな暮らしになることを願っております。

金神乃宮について


こんじんの宮は、「神」と「人」とを結ぶところです。神さまに願って心を磨き、恵みを受けてお礼をする。この一連の流れをくり返すことにより、願いはだんだんと成就し、運命はより良き方へとすすみます。

不健康な人はより健康に、結婚を願う人には良縁を、働く人には出世を。去年よりも今年、今年よりも来年を豊かにする。神と共に一年勝りの繁昌する道を伝えます。

CONTENS


帳面と書道具

「神に願う」

人には言えない悩みごと、
叶えたい目標や願い事など、
神さまへと届けましょう。

詳しくはこちら 〉

心の守り

「心の守り」

肌身に付けるお守りではなく、
心で守る「お守り」。
日々の心がけで心が豊かに。

詳しくはこちら 〉

雪駄

お礼参り

神への感謝の想いが
次の恵みへとつながる。
3つのかたちで恩返し。

詳しくはこちら 〉

神棚

「神を祀る」

神が身近にある暮らしを。
小難しいことは置いといて、
まずは拍手を打ってみましょう。

詳しくはこちら 〉

金神乃宮の想い


かつて神は日本人にとって身近な存在でした。井戸には水神をまつり、炊事場にはかまど神をまつり、朝起きたら日の神に向かって拍手を打ち、日が暮れれば月の神を一礼して拝む。神と人とが共にある暮らしがありました。

金神乃宮は、そんな神のある暮らしを現代に伝えます。かた苦しいルールにしばられず、自由にのびのびと神さまとのご縁を深め、皆さまがより豊かな暮らしになることを願っております。